摩耶の花かんざしについて(商品特徴)

工房摩耶 摩耶(マヤ)人形の花かんざし髪飾りのコーナーとして1999年にホームページを立ち上げました。以来、国内、海外のお客様からたくさんのかんざしのご注文をいただいております。七五三、成人式、婚礼、日舞、コンテストや祭時などにおすすめの花かんざしです。


かんざしの特徴と素材

使用しているお花は 国産の羽二重(はぶたえ)シルクです。(川俣産) 薄く繊細なシルク布でつまみかんざしを製作しております。古布や、ちりめんは一切使っておりません。シャープで鮮やか、かんざしの重さもとても軽く、付け易くなっております。 羽二重シルク布のつまみ花は、加工が難しく、高い技術を要します。伝統工法に則って丁寧に製作しております。つまみ花の細部、下がりの房の仕上がりをご覧下さいませ。 海外発注の大量生産品ではございません。ベテラン職人の伝統工芸手法 による総手作りのつまみかんざし髪飾りです。 品質には絶対の自信を持っております。


かんざしの色合いとデザイン

お花の色の染色はすべて山形鶴岡でお願いしております。つまみ花は伝統色の美しい色・素晴らしい光沢がございます。鮮やかで上品な色合いです。海外製品によくある、きつい色合いはございません。 かんざしのデザインについて、伝統的なかんざしの型で製作いたしております。お花の種類も出来るだけ細かく、多くのお花を製作するように努めております。季節のお花に合った、花かんざし、梅桜菊、桔梗、秋の楓、藤の花、紫陽花など、舞妓さんの仕様から七五三仕様まで多くの伝統に則った形の花かんざしです。前挿し脇挿しの左右かんざし、勝山飾り、花櫛、平かんざし等多数ございます。他方、モダンなかんざしも商品としてございますので、どうぞご自身のイメージに合ったかんざしをお選び頂けたらと思います。。


かんざしの主な納品先(敬称略)

米映画『SAYURI』、京都舞妓芸妓さん、NHK紅白司会(井上真央さん)、 鶴岡八幡宮、富岡八幡宮、東京都庁、ユニバーサルスタジオ米国、 独エッセン劇場、豪州オペラオーストラリア、志摩スペイン村、 オペラ蝶々夫人、兵庫芸術文化センター、浅草振袖学院、 京都丸善かつら、京都舞妓スタジオ。他芸能関係 etc.. 七五三、成人式、婚礼、日本舞踊、お祭り、十三参り、舞妓、芸者、神社、巫女、義太夫、CFコマーシャル撮影、フィギュアスケート衣装、劇場、サーカス、雑誌撮影、映画、テレビドラマ、コスプレ、学校法人、芸能事務所、ブライダルショップ、日舞各流派、美容室チェーン、写真スタジオ、各種きものコンテストなど。 いろいろな業界、用途でかんざしを収めております。